フォトブックとアルバムの違い

雰囲気の違いを楽しめる

手軽にスマートフォンで写真を撮り、いつでもフォトブックの注文もできてしまう時代になりました。昔は写真も現像して、アルバムに一枚ずつ貼ってはメモをして作っていましたが、同じようでいて違うものなのかと疑問に感じる方もいるでしょう。どちらも写真を使って作るものですが、フォトブックは写真を印刷して作り、そしてアルバムは現像された写真を使って手作りしていくという違いがあります。現在ではあまり違いを考えて利用するというよりは、手軽に写真を残しておく手段としてフォトブックも利用されているので、どちらが良いかは利用する側の判断によると言えるでしょう。手作り感を楽しむもよし、手軽に作成しつつもいろんな表現ができるので、どちらも写真を楽しむツールとして使ってみて下さい。

いろんな表現が楽しめます

フォトブックも業者が増え、利用できるプランも数多くあるので、とにかく安く作ってみたいというニーズにも応えられますし、市販の写真集のようなクオリティで製作することもできます。お子さんの行事毎に作ることも簡単ですし、家族での記念日や、子供の運動グループでの写真をまとめたりするのも良いでしょう。基本のプランでも十分に素敵なものになりますが、もっとこだわるなら印刷する紙のランクを上げたり、ハードカバーにするなど装丁にもこだわることで表現を変えることができます。予算やその時々の目的でフォトブックも形を変えて作ることができますから、自分用の簡単なものから特別なシーンに渡すための一冊など、どんどん使っていきましょう。